Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-29

クリシュナムルティとサティシュ・クマールの出会い

| クリシュナムルティとサティシュ・クマールの出会い - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - クリシュナムルティとサティシュ・クマールの出会い - クリシュナムルティの智慧 クリシュナムルティとサティシュ・クマールの出会い - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 私たちは学園のゲストハウスまで歩いていき、アチュットがドアを静かにノックした。ドアを開けたのは、準備して待っていたクリシュナムルティーその人だった。

「元ジャイナ教僧侶のサティシュです」とアチュットが私を紹介してくれた。

「お早うございます。先生」とクリシュナムルティーは丁寧で優しい声でいった。私は24歳の普通の若者に過ぎなかったので、「先生」と呼ばれて面食らった。今まで誰も私を「先生」と呼んだことはなかった。私は言葉を失ってしまった。


【『君あり、故に我あり 依存の宣言サティシュ・クマール/尾関修、尾関沢人〈おぜき・さわと〉(講談社学術文庫、2005年)】


君あり、故に我あり―依存の宣言 (講談社学術文庫)