Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-03-25

自由が瞑想の扉を開く

| 自由が瞑想の扉を開く - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由が瞑想の扉を開く - クリシュナムルティの智慧 自由が瞑想の扉を開く - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 私が彼の言葉や声の調子に聴き惚れていたとき、彼の発言のすべてが真理で、実在の正確な描写に見えた。しかも彼は繰り返し「言葉はその実体ではない。描写は描写されたものではない」と言っているのだ。あたかも心の中の扉が開いたようなものだった。そして私は息も止まるほど美しく、広大で境界もない風景を見ていたのである。

「そして、私が世界であり、それと別ではなく、私の恐怖を観察し、それから自由になることが出来るとき、多分瞑想が戸を開く」彼の言葉はまわりと共鳴して、おごそかな歌のように響いた。


【『キッチン日記 J.クリシュナムルティとの1001回のランチ』マイケル・クローネン/高橋重敏訳(コスモスライブラリー、1999年)】