Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-01

悟りと表現

| 悟りと表現 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 悟りと表現 - クリシュナムルティの智慧 悟りと表現 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 私は、それをはっきりさせようとしています。生から離れるのではなく、もっと豊穣な生に浸ることによって、他の人が渡ってくるための橋をかけようとしています。私は、特に先月あたり、生により偉大な充実性を与えてくれる何かを悟りました。こういったことを表現するのはまことに下手なのですが、ひきつづき表現し語ってゆくことで、よりいっそう明確にしたいと思います……正しく生きるためにできるだけ多くの励みを与えたいのですが、なかなかうまくゆきません。まことに奇妙です。私の熱意は、なくなるどころか反対に激しくなる一方で、私は出ていって大声を出し、変化して幸せに生きなさいと人々を激励したいのです。私が「悟った」もののことを考えれば考えるほど、より明確にそれを言い表わし、橋をかける助けにすることができますが、ほんとうの意味を与えなくてはならないので、それには時間がかかるし、言葉を始終変えてゆかなくてはなりません。言い表わすことのできないものを言い表わすのが、どんなに困難であるかは想像以上です。そして言い表わされたものは真理ではないのです。(エミリー夫人宛ての手紙、1932年3月26日)


【『クリシュナムルティ・実践の時代』メアリー・ルティエンス/高橋重敏訳(めるくまーる、1988年)】