Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-22

頭脳労働と肉体労働

| 頭脳労働と肉体労働 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 頭脳労働と肉体労働 - クリシュナムルティの智慧 頭脳労働と肉体労働 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 思考活動をあまりともなわない、反復的で機械的な類の肉体労働を行なう人々は、彼らの精神エネルギーの全部ではないまでも多くを自己観察にあてる機会をもつという意味で、たぶんより恵まれている。他方、たえず精神集中が要求される仕事に就いている人は、彼の全面的注意を自己観察に払うことがより困難であることを見出すかもしれない。これは、精神がその注意を一度に一つのことにだけしか集中できないからである。それゆえ頭脳労働者は、ときどき思い出したようにしか自己観察ができない。たとえば、講義を聞き、その内容を理解し、ざっとメモ書きしたりしながら、同時に自分の心理的過程を観察するといった一定の行動を行なうことは、いささか緊張するだろうが、不可能ではない。


【『気づきの探究 クリシュナムルティとともに考える』ススナガ・ウェーラペルマ/大野純一訳(めるくまーる、1993年)】


気づきの探究―クリシュナムルティとともに考える