Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-10

想像を絶するエネルギーをもつ広大な空間

| 想像を絶するエネルギーをもつ広大な空間 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 想像を絶するエネルギーをもつ広大な空間 - クリシュナムルティの智慧 想像を絶するエネルギーをもつ広大な空間 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 アーサナを始める前、彼〔K〕は普通何も考えずに静かに坐っている。しかし今朝は、まったく期待もしていないし、招き寄せたわけでもないのに、奇妙なことが起こった。――それにこんなことは招き寄せることなどできるはずがない。突然、頭脳、頭部の中心、まさしく内側に、想像を絶するエネルギーをもつ広大な空間があるように感じたのだ。それはそこにある。しかし、何ひとつ記録されてはいない。なぜなら、記録されるものはエネルギーの浪費だからだ。もしそう呼べるとすれば、それは限定のない状態の純粋なエネルギー、その無限の感覚以外には何もない空間であった。どれだけ長くつづいたかはわからないが、それは朝のあいだじゅうすこにあった。文字にされるにつれて、それはあたかも根をはって固定したかのようになる。これらの文字は断じてもの自体ではない。(メアリー・ジンバリストが著者に宛てた手紙)


【『クリシュナムルティ・開いた扉』メアリー・ルティエンス/高橋重敏訳(めるくまーる、1990年)】


クリシュナムルティ・開いた扉 クリシュナムルティの生と死