Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-14

葛藤の本質は心の分裂、内部の矛盾にある

| 葛藤の本質は心の分裂、内部の矛盾にある - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 葛藤の本質は心の分裂、内部の矛盾にある - クリシュナムルティの智慧 葛藤の本質は心の分裂、内部の矛盾にある - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 部分化があるところ必らず葛藤があり悲惨が生じる。葛藤の本質は心の分裂、内部の矛盾にあるのです。この矛盾はそのままでは解消され得ない。しかし人間が自己を統合しなければならないということは、人間の特異性の一つです。その意味するところが実際何であるかは私もわかっていません。人間の分裂し対立する二つの部分を、統合するのは何者でしょうか?──という問いを出すのは、統合しようとする自我自身が、このような分裂の一方であるかも知れないからです。しかし人が自己の全体を見つめるなら、そして全体を屈託なく理解するなら──分裂は解消するのです。


【『自由への道 空かける鳳のように』クリシュナムーテイ/菊川忠夫訳(霞ケ関書房、1982年)】


自由への道 空かける鳳のように