Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-02-05

クリシュナムルティには暴力が存在しない

| クリシュナムルティには暴力が存在しない - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - クリシュナムルティには暴力が存在しない - クリシュナムルティの智慧 クリシュナムルティには暴力が存在しない - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 Kにとって、ドイツの侵略と英国帝国主義には何らの相違もなかった。「地球の半分を侵食している」英国は、他のどの国にも劣らず本心は「野蛮で貪欲」であるのだが、「もう少し非侵略的であってもよいはずである」。国家主義は、帝国主義と同様世界の呪いのひとつである。Kには暴力が存在しない。もし誰かが襲ってきたとしても、肉体的反応としてKが身を守るか否かは疑問である。たぶん彼は気を失うだろう。意識を失うことは、彼にとっては危険なくらい容易なことである。


【『クリシュナムルティ・実践の時代』メアリー・ルティエンス/高橋重敏訳(めるくまーる、1988年)】


クリシュナムルティの生と死