Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-22

何かに【なりたく】なったとたんに、もはや自由ではない

| 何かに【なりたく】なったとたんに、もはや自由ではない - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 何かに【なりたく】なったとたんに、もはや自由ではない - クリシュナムルティの智慧 何かに【なりたく】なったとたんに、もはや自由ではない - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 私たちのほとんどは、安心したいのではないですか。なんてすばらしい人たちだ、なんて美しく見えるんだ、なんととてつもない智慧があるんだろう、と言われたいのではないですか。そうでなければ、名前の後に肩書きをつけたりしないでしょう。そのようなものはすべて、私たちに自信や自尊心を与えてくれます。私たちはみんな有名人になりたいのです。そして、何かに【なりたく】なったとたんに、もはや自由ではないのです。


【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ/藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】


子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)

2011-10-23

恐怖からの自由

| 恐怖からの自由 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 恐怖からの自由 - クリシュナムルティの智慧 恐怖からの自由 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 しかし、さまざまな伝統の影響力――これらすべてを理解して、そこから自由になるには、深い洞察が必要です。しかし、君たちは内的に怯えているために、たいがいはそれらに屈してしまいます。人生で良い地位が得られるのか、と恐れています。宗教家が何と言うだろうかと恐れています。伝統に従っているのか、正しいことをしているのかと恐れています。しかし、自由とは本当は、恐怖や衝動がなく、安心したいという欲求のない心境です。


【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ/藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】


子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)

2011-02-11

自由とは大いなる智慧

| 自由とは大いなる智慧 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由とは大いなる智慧 - クリシュナムルティの智慧 自由とは大いなる智慧 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 自由とは大いなる智慧を意味しているでしょう。自由であるとは智慧があることなのですが、自由になりたいと願うだけでは智慧は生じません。それは、環境のすべて、絶えず自分に迫りくる社会、宗教、親と伝統の影響力を理解しはじめるときにだけ、生じてきます。


【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ/藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】


子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)

2010-12-14

自由とは

| 自由とは - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由とは - クリシュナムルティの智慧 自由とは - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 そこで、自由とはどういうことなのでしょう。自由とは、たまたま自分に合ったことをしたり、好きなところに行ったり、何であろうと好きなように考えるということなのでしょうか。このようなことはどちらにしてもするでしょう。単に自立していさえすれば、自由ということになるのでしょうか。世界の多くの人々は自立はしていますが、ほとんどが自由ではありません。


【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ/藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】


子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)

2010-11-05

心配事からの自由

| 心配事からの自由 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 心配事からの自由 - クリシュナムルティの智慧 心配事からの自由 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 日が沈み、恥ずかしそうな新月がちょうど木立に掛かる頃、君たちは立ち止まり、西のすばらしい夕焼けを観察したことがあるのでしょうか。その時刻にはしばしば、河はとても穏やかですし、その国には橋や橋を渡る列車、優しい月、まもなく暗くなって星と、あらゆるものが河面に映っています。まったく美しいのです。そして、美しいものを眺め、観察し、注意のすべてを向けるには、心は心配事から自由でなくてはならないでしょう。問題や悩みや思考に囚われていてはなりません。本当に観察できるのは、心がとても静かなときだけです。そのとき、心はとてつもない美しさに敏感であるからです。そして、自由の問題への手掛かりは、たぶんここにあるでしょう。


【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ/藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】


子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)

2010-10-02

自由の問題

| 自由の問題 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自由の問題 - クリシュナムルティの智慧 自由の問題 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 君たちと自由の問題について話しあいたいと思います。これはとても複雑な問題なので、深い研究と理解が必要です。自由については信教の自由や自分のしたいことをする自由について、多くの話を聞くでしょう。これらについて学者は多くの書物を書いています。しかし、私たちはとても単純、率直にこの問題に迫れるし、たぶんそれによって本当の解決に到るだろうと思うのです。


【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ/藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】


子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)

2010-08-30

愛あるところに野心は存在しない

| 愛あるところに野心は存在しない - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 愛あるところに野心は存在しない - クリシュナムルティの智慧 愛あるところに野心は存在しない - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 君がそのものを愛しているとき、野心がありますか。うまくやりたいとか、もっと多くの利益や大きな成果をほしいからではなく、単にそれを愛していたいから、君のすべてをかけてそうしているとき、そこには野心がないでしょう。そこには競争がないし、一番になろうとして誰とも闘ってはいませんね。それで、教育は、君が本当に何を愛してするのかを見出し、生の始めから終わりまで、価値があると思える、君にとって深い意義のあることに取り組んでいけるように、助けるべきではないでしょうか。そうでなければ、一生みじめになるでしょう。本当に自分は何をしたいのかを知らないで、心は決まった仕事にはまりこみ、そこには退屈と腐敗と死だけがあるでしょう。それで、君が若いうちに本当に何を愛してするのかを見出すことが、とても重要であるわけです。そして、これが新しい社会を生み出す唯一の方法なのです。


【『子供たちとの対話 考えてごらん』J・クリシュナムルティ/藤仲孝司〈ふじなか・たかし〉訳(平河出版社、1992年)】


子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)