Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-03-03

なぜ神は全知全能なのか?

| なぜ神は全知全能なのか? - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - なぜ神は全知全能なのか? - クリシュナムルティの智慧 なぜ神は全知全能なのか? - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 プシケをあらゆる種類の条件づけから全面的に解放するうえの最大の障害の一つは、精神が、絶対者の性質に関するじつに多くの「神聖な」形容詞を維持しつづけているという事実である。『コーラン』だけでも、アラー、つまり神への99とおりの異なった名称が出てくると推計されており、ほかの宗教伝承には無数の記述的名称が見出されることは言うまでもない。『コーラン』からのそのような名称の一つは、「アル・アリム(全知者)」である。が、なぜ絶対者は全知であると見なされるべきなのだろう?

 なぜ人は、キリスト教徒がそうであるように、絶対者は全能という属性をもつと信じるべきなのだろう? 思うに、神を見出すのは牽制感覚に満ちた精神ではなく、無私にして非主張的な精神なのではないだろうか? エゴは、権勢欲と栄光への飽くことを知らない願望の持ち主である。「私」は、たえず力を行使することによってその重要性を主張する。力に飢えた精神でもって、人間は神を憶測する。それゆえ彼の抱く神の観念は、彼自身の力への渇望の正確な複製(レプリカ)になる。それゆえ、神は「全能」だと彼が言明してもなんら驚くにはあたらない。神は、力を暗示する名前を与えられたのだ! 何度も何度も人は、神に帰せられた特性がわれわれ自身の心理的要求に関わっていることに気づく。


【『気づきの探究 クリシュナムルティとともに考える』ススナガ・ウェーラペルマ/大野純一訳(めるくまーる、1993年)】


気づきの探究―クリシュナムルティとともに考える

2010-12-12

精神は説明にすがりつく

| 精神は説明にすがりつく - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 精神は説明にすがりつく - クリシュナムルティの智慧 精神は説明にすがりつく - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 精神は、説明にすがりつくことによって深い洞察を得たと思い込むようになる――むしろその逆が事実かもしれないというのに。それゆえ、説明によって「理解した」精神は、傲慢にもそれ以上探究しつづけることをやめてしまう。で、探究心が殺された結果、学びを可能にする驚きの念と好奇心もまたそこなわれる。


【『気づきの探究 クリシュナムルティとともに考える』ススナガ・ウェーラペルマ/大野純一訳(めるくまーる、1993年)】


気づきの探究―クリシュナムルティとともに考える

2010-11-03

説明は偽りの明晰感を与える

| 説明は偽りの明晰感を与える - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 説明は偽りの明晰感を与える - クリシュナムルティの智慧 説明は偽りの明晰感を与える - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 説明は、厄介な問題の「しわを伸ばし(解明し)」、それによって穏かな安心感を精神に与える。説明は、胸中深くに潜んだすべての疑いを「晴らし」、それによって精神が達成感を味わうのを助ける。説明においてもっとも危険なことは、それらが偽りの明晰感に寄与することである。


【『気づきの探究 クリシュナムルティとともに考える』ススナガ・ウェーラペルマ/大野純一訳(めるくまーる、1993年)】


気づきの探究―クリシュナムルティとともに考える

2010-09-30

説明する心理

| 説明する心理 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 説明する心理 - クリシュナムルティの智慧 説明する心理 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 説明は、たえず思考という嵐の海でのたうちまわっている精神にとって、安定の錨になる。


【『気づきの探究 クリシュナムルティとともに考える』ススナガ・ウェーラペルマ/大野純一訳(めるくまーる、1993年)】


気づきの探究―クリシュナムルティとともに考える

2010-08-28

神には暴力的な傾向がある

| 神には暴力的な傾向がある - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 神には暴力的な傾向がある - クリシュナムルティの智慧 神には暴力的な傾向がある - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 人間は、想像しえないものを想像することの不可能性を認めるよりは、むしろ神を擬人化するという誤りを犯してきた。たとえば『旧約聖書』の作者たちは、素朴にも怒りや復讐などの人間的性質を神に帰した。「神(ロード)はそのような人間を容赦しないだろう。かわりに、神の烈火のごとき怒りは彼に対して燃えあがり、そして神が彼を滅ぼすまで、この書にかかれているすべての災いが彼に降りかかるだろう」(モーセ五書の第五書「申命記」29/20)。ついでながら、そのような激怒や暴力の傾向のある神が、いかにして同時に慈悲深くありうるのだろう? 神は精神分裂病二重人格の持ち主なのだろうか?


【『気づきの探究 クリシュナムルティとともに考える』ススナガ・ウェーラペルマ/大野純一訳(めるくまーる、1993年)】


気づきの探究―クリシュナムルティとともに考える

2010-07-26

ブッダは労働者である

| ブッダは労働者である - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - ブッダは労働者である - クリシュナムルティの智慧 ブッダは労働者である - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 仏陀があの有名な菩提樹の下に坐っていたとき、彼は怠けていたのだろうか、それとも一生懸命働いていたのだろうか? 自分自身を内なる自己発見の旅に捧げる人もまた労働者である。彼自身および社会全般への彼の仕事の価値は、もちろん、金銭的尺度で計ることはできないが、彼は外面的にはのんびりと暇をつぶしているような印象を与えるかもしれないが、じつは、最高級の労働者なのだ。


【『気づきの探究 クリシュナムルティとともに考える』ススナガ・ウェーラペルマ/大野純一訳(めるくまーる、1993年)】


気づきの探究―クリシュナムルティとともに考える

2010-06-25

自己探求は膨大なエネルギーを必要とする

| 自己探求は膨大なエネルギーを必要とする - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自己探求は膨大なエネルギーを必要とする - クリシュナムルティの智慧 自己探求は膨大なエネルギーを必要とする - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 その注目すべき本『怠惰礼賛』のなかでバートランド・ラッセルは、労働時間を週4時間に減らすべきだと示唆している。彼の見込みでは、それによって人は生活必需品と基本的安定が与えられるはずであり、「それ以外の時間は、彼がふさわしいと見なす用途にあてられるべき」なのだ。もしこの素晴らしい提案が実施されたら、人はもはや一日の終わりに疲労を感じないかもしれない。自己探求は膨大なエネルギーを必要とするという事実を見逃さないようにしよう。もしより多くの余暇ができたら、われわれはプシケのより一層の探究のため、倍加したエネルギーでもってわれわれ自身の内部へと突き進むことができるのではないだろうか?


【『気づきの探究 クリシュナムルティとともに考える』ススナガ・ウェーラペルマ/大野純一訳(めるくまーる、1993年)】


気づきの探究―クリシュナムルティとともに考える