Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-28

瞑想とはそよ風のようなもの

| 瞑想とはそよ風のようなもの - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 瞑想とはそよ風のようなもの - クリシュナムルティの智慧 瞑想とはそよ風のようなもの - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 あなたが

 瞑想をしようとこころみるなら

 それは瞑想ではなくなってしまうでしょう

 あなたが善良であろうとするなら

 善はけっして花ひらくことはないでしょう

 あなたが謙虚さを身につけようとするなら

 それはなくなってしまうでしょう

 瞑想とは

 窓をあけておくと自然に流れこんでくる

 そよ風のようなものです

 しかし

 わざと窓をあけて待っていたり

 それを故意に招き入れようとするなら

 けっして姿をあらわさないでしょう


【『瞑想』J・クリシュナムルティ/中川吉晴訳(UNIO、1995年)】


瞑想

2011-02-17

瞑想は生活の一部

| 瞑想は生活の一部 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 瞑想は生活の一部 - クリシュナムルティの智慧 瞑想は生活の一部 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 瞑想

 もっとも重大なことのひとつです

 仕事場にいるときでも

 誰かに「愛してるよ」と言っているときでも

 子どもたちのことを考えているときでも……

 しかし その一方で

 あなたは ひとびとに

 兵士になり ひとを殺し

 愛国者になり 国旗に敬礼するようにと

 おしえています

 現代社会の このような罠にはまるように

 ひとびとを教育しています


 それらを ことごとく見まもり

 あなたが そのなかで果たしている役割を理解すること

 そのすべてが 瞑想にふくまれます

 このように瞑想しているとき

 あなたは そのなかにも

 たとえようもない美しさを見いだすでしょう

 そして あなたは

 どんな瞬間にも ただしく行動するようになるはずです

 たとえ いっとき

 ただしく行動しないことがあったとしても

 問題ではありません

 ふたたび それをとりもどせばよいのです

 くやんで 時間をむだにすることはありません

 瞑想は 生活の一部です

 生活とはべつのなにかではありません


【『瞑想』J・クリシュナムルティ/中川吉晴訳(UNIO、1995年)】


瞑想

2010-12-29

瞑想の美しさ

| 瞑想の美しさ - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 瞑想の美しさ - クリシュナムルティの智慧 瞑想の美しさ - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 このような あらゆる日々のいとなみのなかで

 あなたは なんとかして

 反対の側から

 むこう岸から

 はじめなくてはなりません

 こちら岸にばかり 心を奪われてはいけません

 川をどうやって渡るか ということだけに

 気をとられてはいけません

 泳ぎ方など知らなくても

 水に飛びこまなくてはならないのです

 瞑想の美しさというのは

 自分がどこにいるのか

 どこへむかっているのか

 その果てになにがあるのか

 けっしてわからない

 ということです


【『瞑想』J・クリシュナムルティ/中川吉晴訳(UNIO、1995年)】


瞑想

2010-11-22

秩序をもたらす

| 秩序をもたらす - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 秩序をもたらす - クリシュナムルティの智慧 秩序をもたらす - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 そこに秩序をもたらし

 そこから果てしなく動いていかなくてはならないのです

 しかし あなたが

 秩序をつくりだすことだけに関心をもつなら

 その秩序そのものが限界をもたらし

 心は その囚人になってしまうでしょう


【『瞑想』J・クリシュナムルティ/中川吉晴訳(UNIO、1995年)】


瞑想

2010-10-16

日常生活と瞑想

| 日常生活と瞑想 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日常生活と瞑想 - クリシュナムルティの智慧 日常生活と瞑想 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 瞑想的な心がうまれる土壌は

 日常の生活のなかにあります

 そこには

 争いがあり

 苦痛があり

 つかのまの喜びがあります

 瞑想は そこではじめられなくてはなりません


【『瞑想』J・クリシュナムルティ/中川吉晴訳(UNIO、1995年)】


瞑想

2010-09-06

瞑想とは愛がはたらくこと

| 瞑想とは愛がはたらくこと - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 瞑想とは愛がはたらくこと - クリシュナムルティの智慧 瞑想とは愛がはたらくこと - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 瞑想とは

 愛がはたらくことです

 それは

 ひとりの人にたいする愛ではなく

 たくさんの人にたいする愛でもありません

 それは

 だれもが どんな瓶からでも のむことのできる

 水のようなものです

 瓶が黄金でできていようと

 陶器でできていようと

 かまいません

 それは 尽きることがありません

 それは

 どんな薬をのんでも

 自己催眠をかけても

 ひきおこすことのできないものなのです

 まるで心が

 それ自身のなかに入っていき

 その表面から どんどん深みにむかい

 ついには 深さや高さが意味をなさなくなり

 測ることが まったくできなくなるようなところまで

 入ってゆくかのようです

 この状態のなかに

 完全なる平和があります

 それは

 欲求がみたされておこる満足感とはちがいます

 その平和には

 秩序があり

 美があり

 強さがあります

 しかし それは

 花がこわされるように

 すべて破壊されうるものです

 けれども

 まさに その傷つきやすさのゆえに

 不滅なのです

 このような瞑想

 ほかのひとから学べるものではありません

 あなたは それについて

 あらかじめ なにも知ることなく

 はじめなくてはなりません

 無垢から無垢へと

 動いていかなくてはなりません


【『瞑想』J・クリシュナムルティ/中川吉晴訳(UNIO、1995年)】


瞑想

2010-08-14

あるがままにものを見る

| あるがままにものを見る - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - あるがままにものを見る - クリシュナムルティの智慧 あるがままにものを見る - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 瞑想とは

 あるがままに ものを見ることであり

 それを超えていくことです


【『瞑想』J・クリシュナムルティ/中川吉晴訳(UNIO、1995年)】


瞑想