Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-24

想像から離れる

| 想像から離れる - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 想像から離れる - クリシュナムルティの智慧 想像から離れる - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 そのなかに平和があり、そして私たちがあてにできる状態をあらかじめ思い描くことは愚劣だと私は思います。自分が知らない状態を私たちが思い描くことなく、ひたすら自分自身を理解するときにのみ、平和と静謐がありうるのです。平和の状態はあるかもしれませんが、しかしたんにそれについて思い描くことは無意味です。


【『瞑想と自然』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1993年)】


瞑想と自然

2011-10-25

関係における行為

| 関係における行為 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 関係における行為 - クリシュナムルティの智慧 関係における行為 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 ですから私たちは、関係における行為というものを理解しなければなりません。そして、その理解は、自分自身の葛藤し、矛盾する性質への「気づき」にかかっているのです。


【『瞑想と自然』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1993年)】


瞑想と自然

2011-02-13

自分自身を理解することは、世間から引き籠もることではない

| 自分自身を理解することは、世間から引き籠もることではない - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分自身を理解することは、世間から引き籠もることではない - クリシュナムルティの智慧 自分自身を理解することは、世間から引き籠もることではない - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 自分自身を理解することは、世間から引き籠もることではありません。なぜなら、引き籠もることは、孤立を含んでおり、そして私たちは孤立状態で生きることはできないからです。


【『瞑想と自然』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1993年)】


瞑想と自然

2011-01-07

どこから変容を起こすか?

| どこから変容を起こすか? - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - どこから変容を起こすか? - クリシュナムルティの智慧 どこから変容を起こすか? - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 あらゆる国、あらゆる集団、あらゆる人が直面しているとてつもない危機があります。その危機に対して私たち、あなた、私はどんな関係があるのでしょうか。そして私たちはどのように行動したらいいのでしょうか? 変容を起こすためには、どこから始めたらいいのでしょう? すでに言いましたように、もし私たちが集団に頼れば、出口はありません。なぜなら、集団は指導者を含蓄しており、ゆえに常に政治家司祭専門家によって搾取されるからです。で、集団を構成しているのはあなたと私なのですから、私たちは自分自身の行動に責任を持たなければならないのです。すなわち、私たちは自分自身の性質、ひいては自分自身を理解しなければならないのです。


【『瞑想と自然』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1993年)】


瞑想と自然

2010-12-02

個人と社会は対立するものではない

| 個人と社会は対立するものではない - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 個人と社会は対立するものではない - クリシュナムルティの智慧 個人と社会は対立するものではない - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 個人は集団、社会に対立してあるのではありません。なぜなら個人は社会だからです。社会とは、あなたと私とその他の人々との間の関係です。個人が無責任になるときにのみ、個人と社会との間の対立があるのです。ですから、私たちの問題はとてつもなく大きいのです。


【『瞑想と自然』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1993年)】


瞑想と自然

2010-10-25

世界は私自身の延長

| 世界は私自身の延長 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 世界は私自身の延長 - クリシュナムルティの智慧 世界は私自身の延長 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 世界は私とは別個にあるのではなく、世界と私は対立しているわけではありません。世界と私は別々の実体ではないのです。社会は私自身であり、二つの別個の過程ではないのです。世界は私自身の延長であり、ですから世界を理解するためには、自分自身を理解しなければならないのです。


【『瞑想と自然』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1993年)】


瞑想と自然

2010-09-23

あるがままの私=世界

| あるがままの私=世界 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - あるがままの私=世界 - クリシュナムルティの智慧 あるがままの私=世界 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 ですから、問題は理解と共に行動することであり、そしてその理解は自己認識によってのみもたらすことができるのです。結局、世界は私たち自身の投影です。あるがままの私、それが世界なのです。


【『瞑想と自然』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1993年)】


瞑想と自然