Hatena::Groupkrishnamurti

クリシュナムルティの智慧 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-18

教育への疑問

| 教育への疑問 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育への疑問 - クリシュナムルティの智慧 教育への疑問 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 全世界が教育の基盤に疑問を投げかけている。われわれには教育がこれまで何のために使われてきたかわかっている。ロシアであれ、中国であれ、アメリカであれ、ヨーロッパであれ、あるいはこの国であれ、世界中の人間は、所属する社会や文化に順応・適合し、社会・経済活動の流れに従い、何千年もの間流れ続けてきた巨大な流れに引き込まれるよう教育されている。それが教育だろうか、それとも教育というのは、何かそれとまったく別のものだろうか?


【『英知の教育』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1988年)】


英知の教育

2011-03-21

君たちはなぜ教育されているのだろう?

| 君たちはなぜ教育されているのだろう? - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 君たちはなぜ教育されているのだろう? - クリシュナムルティの智慧 君たちはなぜ教育されているのだろう? - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 これから君たちに質問してみたい。君たちはなぜ教育されているのだろう? 私の質問がわかるだろうか? 君たちの両親が君たちを学校に送る。君たちは授業を受け、数学を学び、地理や歴史を学ぶ。なぜだろう? 自分が教育を望んでいるのか、何が教育の目的なのか自問したことがあるだろうか? 何のために試験に合格して学位を取るのだろう? 何百、何千万もの人人がしているように、結婚し、就職し、そして身を固めるためだろうか? それが君たちのやろうとしていることであり、それが教育の意味なのだろうか? 私の言っていることがわかるだろうか? これはほんとうにとても大事な質問なのである。


【『英知の教育』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1988年)】


英知の教育

2011-02-07

注意はきわめて重要

| 注意はきわめて重要 - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 注意はきわめて重要 - クリシュナムルティの智慧 注意はきわめて重要 - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 このように見るようにと言うのは、これから私が話そうとしていることは君たちが注意を払わなければならないことがらだからである。教室にいるときも、戸外にいるときも、食事をしているときも、散歩をしているときも、注意はきわめて重要である。注意はとてつもなく大切なことがらなのだ。


【『英知の教育』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1988年)】


英知の教育

2011-01-04

注意と集中とは異なる

| 注意と集中とは異なる - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 注意と集中とは異なる - クリシュナムルティの智慧 注意と集中とは異なる - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 注意は、精神集中とは違う。集中しているときには何も見えていないのだ。だが、注意を払っているときには、実に多くのことが見えてくる。さあ、注意を払ってごらん。あの木を見つめ、影を、そして風にそよぐ葉を見つめなさい。あの木の姿を見つめなさい。木の全体性を見つめなさい。


【『英知の教育』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1988年)】


英知の教育

2010-11-29

注意を払うと物事がはっきり見えてくる

| 注意を払うと物事がはっきり見えてくる - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 注意を払うと物事がはっきり見えてくる - クリシュナムルティの智慧 注意を払うと物事がはっきり見えてくる - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 注意をする、注意を払うとは、どういう意味かわかっているだろうか。注意を払うと、ものごとがもっとはっきり見えてくるのだ。鳥たちの鳴き声がもっとはっきり聞こえてくる。さまざまな音の違いがわかるようになる。十分に注意深く木を見つめれば、木の美しさ全部が見えてくる。木の葉や小枝が見え、それらに風が戯(たわむ)れているのが見える。こんなふうに、注意を払えば、ものごとがとてつもなくはっきりと見えるようになるのだ。そういうふうに、注意を払ったことがあるだろうか。


【『英知の教育』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1988年)】


英知の教育

2010-10-22

タマリンドの木を見つめ、鳥たちの声に聞き入りなさい

| タマリンドの木を見つめ、鳥たちの声に聞き入りなさい - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - タマリンドの木を見つめ、鳥たちの声に聞き入りなさい - クリシュナムルティの智慧 タマリンドの木を見つめ、鳥たちの声に聞き入りなさい - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 だから、自然を、タマリンドの木、咲きほこるマンゴーの木を見つめ、それから、朝早くと夕方とに、鳥たちの声に聞き入りなさい。木の葉の上のとりどりの色や光、大地の美しさ、豊かな土地を見てごらん。そういったものみなを見、また世界のありさまを、そのすべての残酷さ、暴力、醜さといっしょに見た今、これから何をすべきなのだろう。


【『英知の教育』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1988年)】


英知の教育

2010-09-20

君たちは古い価値に従い、適応し、それらを受け容れるつもりなのか?

| 君たちは古い価値に従い、適応し、それらを受け容れるつもりなのか? - クリシュナムルティの智慧 を含むブックマーク はてなブックマーク - 君たちは古い価値に従い、適応し、それらを受け容れるつもりなのか? - クリシュナムルティの智慧 君たちは古い価値に従い、適応し、それらを受け容れるつもりなのか? - クリシュナムルティの智慧 のブックマークコメント


 君たちは、このすばらしい谷で暮らした後は、争いと混乱と戦争と憎しみの世界へ送り出されようとしている。君たちは、こういう古い価値に従い、適応し、それらを受け容れるつもりなのか。古い価値とは、お金、地位、威信、権威のことである。それが、人間の望みのすべてであり、社会は君たちがそういう価値のシステムに適応することを望んでいる。だが、もし君たちが今、考え、観察し、そして本からではなく、自分のまわりでいま起こっていることをみな自分自身で見守り、耳傾けることによって、学びはじめたならば、今の人間とは違った種類の人間──思いやりがあって、愛情深く、人々を愛する人間──に成長するだろう。もしそういうふうに生きるならば、たぶん君たちはほんとうに宗教的な人生を発見するだろう。


【『英知の教育』J・クリシュナムルティ/大野純一訳(春秋社、1988年)】


英知の教育